鳩駆除を行う

鳩はどのような害をもたらすのでしょうか

私たちの身近にいる鳩はドバトと呼ばれ、昔から平和の象徴と考えられてきました。また、伝書鳩として活用されていた時代もありました。 しかし、今では鳩による被害が出ているのです。それでは、鳩はどのような害をもたらすのでしょうか。 まず考えられることは、糞尿公害です。彼らは、住かとする場所にたくさんの糞尿をします。そして、悪臭を放つようになるのです。また、その場所にハエなどの衛生昆虫が発生したりするのです。 次に、恐ろしい伝染病も媒介することがあるのです。特にカビの仲間であるクリプトコッカスは、鳩の糞で増殖することが知られており、免疫力が弱い人に感染すると、脳炎を引き起こすことがあるのです。また、オウム病等を媒介することも考えられます。

害獣駆除業者に依頼しましょう

鳩はよく、マンションやアパートのベランダに巣を作り、子育てをします。そして、先ほど述べたように、糞尿公害を引き起こし、伝染病をまき散らすことになるのです。そこで、鳩を駆除するために行うことを考えて行きましょう。 まずは、防鳥ネットを張ることです。防鳥ネットを張る時には、隙間ができないように張ることが大切です。また、防鳥用の剣山をベランダの縁などに取り付ける方法もあります。さらに、忌避剤を撒くことでも効果が期待できます。 この中で、最も有効な駆除対策は、何と言っても防鳥ネットでしょう。ただし、高層マンション等で防鳥ネットを張るのはとても危険です。ですから、害獣駆除業者に依頼しましょう。害獣駆除業者はネットで簡単に探すことができます。