環境によって繁殖する

ゴキブリの出やすい家とはどういった物件か

ゴキブリの出没に悩まされているお宅の特徴としては木造建築物件であり、築年数も相当経っています。こういった害虫の侵入を防ぐには室内を清潔に保つ事も必要ですが、立地条件にも問題があります。 例えば自宅の窓から日が差さない北向き物件などは暗くて湿っぽく風通しが悪いので害虫の格好の住処になり得るのです。また物件の付近に川や沼などがあるとゴキブリが繁殖しやすいようです。また飲食店やコンビニなど食料を扱うお店がそばにあるところなど餌が豊富にあるところなども同様です。 自宅をいくら清潔にしていても周囲の環境によってゴキブリが出やすくなりますので物件選ぶ際にはこれらの点を注意して選ぶようにしておいた方が良いでしょう。

害虫を近寄らせない工夫とは

既にゴキブリの繁殖しやすい環境のある物件を選んでしまった場合にはゴキブリ退治しか方法はありません。それに加えて物件に近寄らせないための工夫が必要であると言えます。こまめに掃除を行う事で室内を常に清潔にしておく事は勿論ですが、室内換気も行うようにしておいた方が良いでしょう。風通しの悪い物件でしたら空気清浄器などを設置するだけでも違います。室内の湿気を取り除くことで間接的にゴキブリ退治となります。 またゴキブリが嫌う匂いで退治する方法も用いられているようです。ゴキブリは柑橘系やハッカ、香辛料の匂いが苦手でこれらの芳香剤がゴキブリ退治に活用されているようです。室内のあらゆる場所に設置することで出没することがなくなるようです。 ゴキブリが出やすい環境でも出没を抑えるための工夫を行う事が大事であると言えます。